膣壁に与える摩擦がキツくなります

’06年の暮れ、この六麓荘町当時252世帯に関して、敷地400平方メートル以上の一戸建て2階建て以下しか新築できないようにする条例改正案が市議会に提出され、可決された。六麓荘でも、相続税を払えないなどの理由で土地を手放す住民が相次ぎ、広壮な宅地が細かくと言っても十分広いのだが分割販売されつつあった。バブル崩壊以降、約50の豪邸の敷地が分割売買されたという。このままでは超高級住宅地としての名声を維持できなくなると住民が危機感を抱き、条例制定を要望。
市議会がそれを受け入れたのだ。400平方メートルと言えば120坪。日本の都市部では、文句なくお屋敷と呼ば芦屋市六麓荘町では、これが最低ラインになった。世田谷区成城のれる部類に入る。成城憲章では、250平方メートルを標準的な敷地面積としているが、六麓荘は最低ラインが400平方メートル。格が違う。そんな六麓荘には、きっと絵に描いたようなプール付きの豪邸があるに違いないと思って、GoogleEarthで六麓荘の家を一軒一軒のぞき見してみたところ、プールらしき
ものは3つしか確認できなかった。
’06年に建てられたB2の稲葉邸はプール付きだが、屋内だとか。ちなみにテニスコートらしきものも3面であった(人工衛星からののぞき見なので信頼性は著しく低い)。運転手と家政婦しか会えないかつてこの近くのメルセデス·ベンツディーラーで、お客様のおクルマの引き取り納車要員として働いた経験を持つマリオ高野は言う。
関西では、自己紹介の際に『芦屋に住んでいます』と言えば、それだけで相手を威圧することができます。女の子なら、それだけで自分が超絶なお嬢様であることを宣言しているようなものです。自宅は芦屋ですという言葉は、『私は真の大金持ちです。別格です』と翻訳されて相手に伝わります。ベンツディーラー動務時代には、六麓荘町の、4~5メートルほどの高さもある石垣が周囲を守る要塞のような大豪邸への潜入を経験しました。
表玄関らしき場所を探し当てるのに、建物の周辺をクルマで5分ぐらい走り回った思い出があります。ようやく見つけたインターホンを押すと、いくつもの監視カメラがウィーンと音を立てながら自分の方を向き、家政婦さんが応対してくれました。インターホン越しにクルマを預かりに来たと告げると、モビルスーツが格納されていても不思議ではないほどの巨大なシャッターが開き、その奥には超高級外車が10台ほど納まったガレージに目がくらみました。ロールスロイスにベントレー、フェラーリなど、世界の名車展が開催できそうなラインナップでした。庭はクルマで移動しても良さそうなほど広く、ちょっとしたゴルフ場のようでした。
そんな庭の向こうの豪邸は、ドラマ華麗なる一族の万表家の大豪邸のイメージそのものと言えばわかってもらえるでしょうか。プールはおろか、自宅の敷地内にゴルフ打ちっ放し練習場やスポーツジムまで設けている豪邸もあります。
この邸宅には、その後も2~3度足を運びましたが、家政婦さんと運転手さん以外の人と顔を会わすことは一度もありませんでした。ちなみに、芦屋の山の手のお金持ちは、クルマを買うためにわざわざディーラーまで出掛けたりしません。車検や点検時でも、来店することなどありえません。過去20年にわたって十数台以上買い替えてくださっているお客様でも、一度もディーラーへ足を運んだことがなく、担当者に『そういやお前の店はどこにあるんや?』などと笑うことが一種のステイタスでした阪神と阪急を銭湯の数で比較一方、ヤンキーの町·尼崎はどうか。

デリヘル嬢は乳首をおもいっきりつまむ

実家が尼崎というカメラマンがいたことを思い出して急遠電話してみると、「え?僕は武庫之荘ですから」という。武庫之荘とはどこなのか。
「阪急沿線です。尼崎でも武庫之荘は一目置かれてる感じなんですよ。清水さんが言うヤンキーの尼崎は海の方でしょ。僕はあんまりそっちには行ったことないんですよ」
あからさまにムッした口調だった。なるほどそうか、芦屋対尼崎と捉えるより、阪急沿線対阪神沿線と捉えるべきなのかもしれない。阪急と阪神は、JRとともに3本並んで大阪一神戸間を走っている。
番山側が阪急で、一番海側が阪神だ。阪急沿続線は概してお屋敷町で、阪神沿線は概して庶民的な街。もちろん芦屋市六麓荘町は阪急側である(山側すぎて、阪急芦屋川駅からもかなり遠い高台だが)。芦屋市六麓荘町で数えたくなるのがプール付き豪邸なら、尼崎では風呂なしアパートだろうか。不動産屋によると、「風呂なしアパートの数は、銭湯の数とほぼ比例する」という。
そこで銭湯の数を調べてみた。兵庫県公衆浴場業生活衛生同業組合のHPによると、尼崎には67軒の銭湯がある。尼崎市は圧倒的な銭湯密度を面積で11倍もある神戸市と同数である。兵庫県内では、誇っていた。やはり……。その67軒が、JRより山側(阪急側)と海側(阪神側)どちらに分布しているかを数えたところ、山側10軒に対して海側57件!阪急対阪神の見事な対比であった。昭和初期からスピード競争を開始阪急と阪神。地元以外の人間がまっさきに思い浮かべるのはプロ野球だ。阪急は強かったが人気がなくオリックスに身売りした。阪神は弱くて人気抜群、ただしベンチやフロントはアホ。ちょっと古いがそんなイメージである。しかし鉄道ファンなら、見方は違う。
阪急と阪神は、大阪一神戸間をJR神戸線(東海道線)と3本平行して走っていることで、戦前から激しいスピード競争を繰り広げてきた通勤電車なのである。そのせいで、関東では想像できないほど、3本とも速い。関東の通勤電車は、ほとんどが地域独占路線で競争相手がいないため、スピードアップの動機が薄かった。それより増え続ける沿線人口をさばくのが精一杯で、速くなることなどほとんどなかった。数少ない例外がJR横須賀線と京浜急行で、ここは品川一横須賀間で路線がほぼ平行している。
JRは線形がいいカーブが少&東海道線ないので余裕だが、京浜急行はもともと路面電車から出発していてカーブだらけなので、その必死の走りは胸を打つ。ノロい西武線沿線で育った私は、短い直線で100キロ出す京浜急行の快速特急の勇姿に感動したものだ。が、阪急と阪神は、鉄道研究家の著書などによれば、どうも格が違うようだ。川島令三氏大阪一神戸間の鉄道の歴史を紐解くと、まず明治7年に官営鉄道(現JR)が開通した。新橋一横浜間に遅れることわずか2年。

 

デリヘルのドライバ

セロトニンが充分デリヘル出張ヘルス

当然非電化で、走ったのは蒸気機関車だった。次に開通したのは阪神だ。明治38年、この大阪一神戸間の西国街道沿いに電車を走らせた。官の鉄道局が反対したため、速度の遅い路面電車の免許で、規制の網をかいくいきなり官営鉄道より速く、頻繁に電車運行した。駅の数も圧倒的に多くて官営鉄道5駅に対して34駅、非常に便利だった。蒸気機関車の官鉄はそれにぐって敷設し、まったく対抗できず、大阪一神戸間の乗客は、ほとんどが阪神に流れた。阪神の躍進を見て、大阪一神戸間にはもう1本鉄道をという機機運が高まった。そして13年後の大正9年、官鉄の北側に阪急が開通した。
こちらは、最初からライバルがいたため、計画段階から速さを重視し、カーブを極力少なく、駅数も少なめ(13駅)で建設された。昭和初期にはすでに、梅田(大阪)_
三宮(神戸)間約32キロを、わずか27分で走っていた。表定速度停車時間も含めた平均速度70キロ。
関東には、現在もこれにかなうスピードを出している私鉄の通勤電車はなく、小田急ロマンスカーですらこれより遅い。東急東横線など、21世紀になってやっと導入した特急が、ようやく表定速度58キロ。東急田園都市線の急行など、いまだに50キロ以下である。阪神はカーブが多く、速さでは阪急に対抗できなかったため、運転本数で勝負した。昭和初期には、阪神間35分の特急を6分ごとに運転していた。こうして両社は、すいてて速い阪急待たずに乗れる阪神として、1世紀近くにわたって競争を繰り広げてきた。現在は阪急が26分、阪神が29分で阪神間を運転しているが、06年、村上ファンドによる阪神電鉄買収騒動により、よりによって阪神は、長年のライバル·阪急の傘下に入ることになった。
また、現在、線形が最もよく、しかも複々線のJR西日本の神戸線が、新快速で阪神大阪一三ノ宮間をわずか20分表定速度92キロで突っ走っている。最高速かつてはやる気のなかった官営鉄道だが、JR西日本は行き過ぎて脱線事故を起こしたくらいで、これには両社まったく対抗不可能。JRも以前は最なんと120キロ。短18分を誇っていたが、福知山線の事故以来自粛しており、スピード競争は終戦の模様である。
とにかく、阪神は江戸期以来からの街道沿いに敷設され、阪急は当時未開発だった山側に通った。阪神沿線には工場がそこに勤める人たちが環境のよかった建ち、住み、阪急沿線には大阪·船場のお金持ちなどが移り住んだ。以来、直線距離にしてわずか1キロしか離れていない並行2線の地域見事に形成されてきた。格差は、ヤンキーの街·尼崎まずは阪神電車に乗って尼崎に向かう。大阪駅の地下に、阪神の梅田駅はある。どことなく暗くて狭い印象で、京成上野駅に似ている。阪神は、特急よりも普通がユニークであるという。それは、平均駅間わずか1キロと駅数が非常に多い阪神本線で、全力で飛ばす特急を邪魔せず普通電車を走らせるために、日本一加減速度の高い、つまりスポーツカー的性能を持ったジェットカー、と呼ばれる車両を使っているからである。

セックスが嫌いなのです急行系は赤とベージュ、ジェットカーの普通は青とベージュに塗りわけられているのでわかりやすい。尼崎は特急停車駅だが、わざわざジェットカーの普通を選んで乗ってみた。日本一の高加減速度は、言われてみればという程度で、残念ながらほとんどわからない。京浜急行があからさまに速く感じるのは、実は揺れが大きいからのようだ。阪神の車両はもっと進んでいるので揺れが日本一の加速の体感は難しいのである。
少なく、阪神はカーブが多いと聞いていたが、大したことはない。貧乏に曲がりくねる関東の京成や京浜兵急行に比べれば、こんなの直線だと言ってもいい。ついでにジェットカーは尺取虫のように駅に止まりつつ、尼崎に到着した。駅を降りて適当に西側の商店街に足を踏み入れると、いかにも下町風情のアーケード街があった。母とベビーカーを押す娘ふたりが横幅いっぱいに広がってゆっくり歩いていて、抜くことができずイライラする。なぜか3人とも肥満体形である。ファッション的には原色系のジャージが多い。かわいいキャラクター入りのパーカーを着た労務者風のオッサンがいてぎょっとしたりもする。

アーケードから横道に入ると、住宅や商店、寺社、そして性風俗店が混在している。クルマは、派手にドレスアップしたアメ車が一般の一戸建て住宅の目の前目に付く。に派手なラブホテルが軒を連ね、しかも道路に面した側に「豊富な無料ウエルカムサービス」選べるナイトセレクションなど、ケバケバしい入館プレゼントの大看板をおっ立てている。関東ではなかなか見られないダイレクトさである。尼崎南部は、フサイチ~の馬主としても有名な実業家の関口房朗氏の出身地で、氏は「アマ尼崎の略称出身の人間は、星を持っとる」と述べているが、なるほどという感じだ。ただし、尼崎出身のカメラマンによると、このあたりも阪神·淡路大震災以来ずいぶん再開発が進み、きれいになったそうだ。
確かにごった煮風の街並みではあるけれど、建物はそれなりに新しく、別に貧しい雰囲気はない。ただ品がないだけである。庭先にクルーザーを係留できる街、芦屋市涼風町再び阪神電車に乗って、今度は阪神芦屋で下車してみた。阪神自慢のジェットカーを降りた途端、あまりの空気の違いにたじろいた。尼崎ではどんより澱んでいた空気が、芦屋ではスカッとサワヤカなのだ。駅が芦屋川の上で風通しがいいせいかもしれないが、景色も信じられないくらい違う。芦屋川沿いに六甲のほうを見上げれば、川沿いの緑のラインの左右に、滝酒な邸宅街が広がっていて、まったくの別天地だ。
芦屋でも阪神沿線は普通の街だと聞いていたが、決してそうではない。阪神芦屋駅より海側、芦屋川の西側(神戸寄り)には、すばらしいお屋敷街が広がっている。タクシーの運転手によると、そこは平田町で、「六麓荘なんかより、古くからのお金持ちが住む町ですな」とのことだ。
「地価は違いますが、本当のお金持ちはこっちや言います」。考えて見れば、昔はこのあたりは海辺である。リバーサイドでありシーサイドである。つまりリゾートなのである。お屋敷街の平田町とは反対の川の東側、阪神芦屋駅から1キロほど離れた呉川町には、芦屋市内で唯一の銭湯·市営尼崎市内には67軒の銭湯がああしや温泉がある。
必ず番号通知の携帯
必ず番号通知の携帯

とか自分にご褒美

クリトリスに鉄のクリップをつけるが、芦屋市内は1軒だけだ。ここは、阪神·淡路大震災直後、自宅の倒壊やライフライン断絶によってお風呂に入れなくなった市民のための仮設浴場として重宝され、現在も存続している市営の施設だ。65歳以上の芦屋市民なら260円で利用可能になっている通常大人料金は380円。いまだプレハブ造りのあしや温泉には、確かにセレブな雰囲気はかけらもないが、それでもどこか品があるように思えた。
付近は駄菓子屋などもある庶民の町なのだが、古き良き日本的な品格が感じられてステキである。駅に戻り、タクシーに乗って、沖合いの埋立地のベルポート芦屋に向かった。芦屋の沖合い埋め立て事業は、阪神大震災以降急速に進んだ。震災で出た瓦傑も埋めたという。
芦屋から神戸にかけての六甲山麓は、山側の開発はすでに限界に達しているため、近年は海へ海へと延びている。神戸のポートアイランドなどが有名だが、芦屋も例外ではない。芦屋の埋立地には陽光町南浜町といった、いかにも新興住
宅地的な町名が並び、それなりに芦屋らしい、かなり立派な建売住宅がずらっと並んでいる。
「このあたりはぜんぜん普通の町ですな。交通はバスだけで不便ですしな」全身タイガースのカラーリングをまとった阪神タクシーの運転手は、そう言って鼻を鳴らした。芦屋ではタクシーの運ちゃんも、これくらいの家は普通と見下すようだ。
埋立地の奥、海洋町にあるベルポート芦屋は、町名通りヨットやクルーザーを係留するマリーナ施設である。東京にもマリーナはあるが、都心に一番近くても江東区の夢の島や南砂で、港区にはない。ここでも東京は芦屋にしてやられている。
そのさらに奥の涼風町には、プライベートバース付きの邸宅街『レジデンシャルコーヴ』がある。家の庭先に自分のクルーザーを係留できるという、海の男の夢を実現した分譲地だ。
「このような芦屋の浜に創られた入り江(コーヴ)
にある係留施設付き住宅に住まうことは、一部の富裕層にだけ許された特権として世界的にもステータスの象徴、とされており、ここ芦屋でそのような住環境をご提提供できることは、海を愛し、船を愛する者として、まさに千載一遇のチャンスといっても過言ではありません。海を眺めながら愛艇とともにお過ごしいただける無上の日々一。第1期ノース街区に続き、第2期分譲セントラル街区がデビューいたします」レジデンシャルコーヴのコピーよりコピーの言う通り、レジデンシャルコーヴは猛烈にゴージャスである。関東にも三浦半島あたりには、北方謙三先生の別荘はじめ、プライベートバース付きの個人住宅が結構あるようだが、こういう集合分譲地はない。ここはセキュリティが厳しく、住宅地内には入れないので、マリーナ沿いに歩いて、入り江越しに家々を眺めてみた。分譲されて間もないためすべて新築、どれもいかにもというすばらしい家ばかりだ。こういったゲートセキュリティ付きの住宅地は、関東では逗子の披露山庭園住宅が有名だが、もともとは階級社会で貧富の差の大きい欧米で生まれたもの。近年、治安の悪化とともに日本でも徐々に増えているが、格差の拡大が生んだ欧米化の一端だろう。

膣に指を入れる指マン膣を舐めるクンニ

と言っても駅から非常に遠いがでも、阪神沿線芦屋にはこういう街が生まれつつある。
いよいよ芦屋市六麓荘町へタクシーの運ちゃんの言う通り、ベルポート芦屋は非常に交通の便が悪いので、仕方なくタクシーを呼び、いよいよ六麓荘へ向かう。今度の阪神タクシーはタイガースカラーではなく、普通のくすんだ色に塗られていた。運ちゃんに六麓荘へと告げると怪誘な顔をしたのでわけを話し、「すごいお金持ちの家に迎車に行くこともあるんでしょうね」と話を振ってみた。
「……まあ、ありますけどな、けっこうセコかったりな」え、そうなんですか?「いつも800いくらやのに、今日はそれより高かったわ言われたりな。信号待ちが1回多いと、メーター上がってしまうことがあるからな」そんなこと言うんだ!「やっぱりそれくらいやないと、ああはなれんのやないですか(笑)」タクシーは阪神本線を過ぎJR、そして阪急神戸線を越え、どんどん坂を上っていく。すでに周囲は豪邸と豪華マンション、それに学校などの公共施設だけ。商店もコンビニもまったく見当たらない。第一、歩いている人がいない。もちろんパチンコ屋や消費者金融の店舗や看板など一切なく、下品なものは徹底的に排除されている。芦屋市内を活動拠点としていた元高級外車ディーラーのセールスマンH氏によると、山側と海側では、完全に別世界ですわ。
2000万円級のクルマの「同じ芦屋でも、
お客様が圧倒的に多かったのは山側でした」とのこと。根は関西人なのか、言動は意外と下品というか、あけすけにものを言う人が多いよただし、運ちゃんの言うように、うだ。例えば、「海側のほうは、西宮か神戸と合併させるとかして、芦屋とは別の名前にしてほしいわ~」と真顔で語るセレブ奥様もいたというし、マンションの名前に芦屋の二文字が付かないと、入居予定者はおろか、地域の住民からも苦情が殺到するという。
最近芦屋北部の高級マンションに入居したAさんIT系事業の起業家は、「芦屋の名前が付かないマンションに入るなんてありえないですね。せっかく芦屋に住もうっていうんですから、名前が付かなかったら損じゃないですか」と、けっこうケチくさいことを言ってくれた。芦屋に建てられる高級マンションには、芦屋というブランドを標務する義務と責任があるという芦屋的社会通念があるようで、それ芦屋山の手町アーバンラゆえに、イフ、芦屋リバービューアーバンライフ、イースト芦屋、クレストヒル芦屋、芦屋ハイツ、パ·レ·シェール芦屋、グリーンヒル芦屋、シャトー芦屋、ロイヤルヒル芦屋、アロッジオ芦屋、セザール芦屋など、カタカナに芦屋の二文字が付けられたものばかりだ。
エッチなおしゃべりできる男性を見つけようかな……


デリヘル出張ヘルス デリヘルではすぐ ペニスが舌を圧迫する