どっぷりとそれに浸りきっていこうした女性たちは昼間は寝ているのだ

ちなみに港区では、3ナンバー車は5ナンバー車の2倍以上保有されている全国平均は4対6で5ナンバーの方が多い。輸入車が不得意な5ナンバー車(小型車)部門でも、港区の輸入車率は約12%と、東京都の平均(約6%)の2倍の濃度がある。軽も含めた乗用車全体でも、港区はガイシャが42%。日本の平均は約5%だから、その8倍だ。港区に限っては、自動車市場の開放度は世界レベルである。とすれば、港区での小型車に占めるカローラの台数は、他地域より低いに違いない。東京都基準の単純推定だと1790台だが、仮にそれより2割少ないとすると1432台。この数字だと、港区ではベンツはカローラの6倍以上!ということになる。もちろん、ベンツ以外の高級輸入車も多い。港区には、ベンツのライバル·BMW4548台がカローラの約3倍。ドイツの名門スポーツカー·ポルシェ1279台はカローラとほぼ同じ台数ある。港区には、少量生産の特殊な高級輸入車も異常に多い。384台フェラーリランボルギーニ58台124台ロールスロイス193台ベントレーフェラーリはイタリアの至宝·世界最高のスポーツカー、ランボルギーニはそのライバル。ロールスロイスとベントレーは、大英帝国が誇る世界の最高級車だ。数字的には少ないように見えるが、なにしろ絶対数が少ないクルマだから、その濃度はまさに異常。
フェラーリ、ランボルギーニ、ロールスロイス、ベントレーそれぞれ、日本全国の約5%が港区に集まっている。いかに高い数字かベンツの港区率が1.4%だから、わかるだろう。また、近年港区内で異常によく見かけるのが、イギリスの超高級スポーツカーであり、ボンドカーとして有名なアストンマーティンだ。かつては幻の超高級車で、あまりの信頼性の低さから、日本では007映画でしか見ることができないほどだったが、フォード傘下に入ってから急速に品質が向上。いま全世界を席巻しつつある伝統の高級ブランドである。そんなアストンのDB9約2000万円が、西麻布ではチャイルドシートを装着され、ご近所のゲタとして使われていたりする。港区のアストンマーティン登録台数は95台。
これも一見少ないようだが、実はこの数字、日本全国のアストンマーティン644台の約15%に当たるのである。ここ数年アストンはヒルズ族などの富裕層の間で人気が上昇し、販売台数が倍々ゲームで急拡大したため、特に港区の集中度が高くなっている。
ちなみに23区内全体だと306台。日
本のアストンの約半分は東京23区にある。ダイムラーベンツ社の超高級車·マイバッハベンツのさらに上級サルーンも、19台が港区にある。日本全体で94台しか存在していないので、20%が集中していることまさに富の偏在だ。になる。カローラ対ベンツ比でベンツの割合が一番低いのが、給食費未払い問題や中学生の学力23区内最下位などでニュースに取り上げられることも多い足立区。

ペニスの付け根のあたりや恥骨のあたりでを押しつけ

23区の逆に平均値を大きく下回る「カローラ100台に対してベンツ41台」。これは全国の平均値(23台)に近い数字である。月に100台べンツを売るディーラー「世田谷·目黒あたりではベンツ保有台数はカローラの2倍以上」ということが導き出されたわけだが、実際どうなのかということで、東京都目黒区の目黒通こうやってカローラとベンツの台数をカウントしてみた。りにて、我々が陣取ったのは、世田谷区に近い目黒区内の歩道橋上。ここである日の午後2時から3時までの1時間、上下線を走るカローラとベンツをくカウントした結果は、カローラの通過台数46台に対してメルセデス·ベンツが116台。
その比率を計算してみると、なんと目黒区の推論とほぼ同じ、カローラ100台に対してベンツが252台だった。通過したカローラは新しい年式のものがほとんどだったが、メルセデス·ベンツは古い年式のモデルも多い。ベンツならではの耐久性の高さが、ベンツの保有台数を押し上げていることも確認できた。カローラの5倍以上のメルセデス·ベンツが棲息していると見られる港区では、ベンツを売るのも他エリアと比較して楽なのだろうか。
港区の芝浦にショールームを持つ株式会社ヤナセ東京支店のセールスマン、Sさんに聞いた。バンバン売れますか?ベンツ、Sさん「(苦笑)そんなことはありません。確かに港区ではメルセデスがよく売れますが、他のディーラーさんや並行輸入車などもありますから、努力はしてます。苦労せずにポンと売れるケースなんて、全体の1割もあればラッキーですよ」それでも港区は他のエリアよりも売りやすいのでは?Sさん「確かに、港区で登録されるクルマの半分は輸入車で、そのまた半分はメルセデスっていう説があります。その通りかどうかはさておき、現場の皮膚感覚としては当たってるかなと思いますね。港区や千代田区のように会社がたくさん集まっているところでは、メルセデスの法人需要が多いんですよ」
芝浦だけで年間何台ぐらいのベンツが売れるのでしょう?Sさん「約1500台ですね。季節によってバラツキはありますが、月に100台は確実にご購入いただいてます」
「港区では半分が輸入車、その半分がベンツ説」
を、保有台数で検証するとこうなる。S氏の言う港区の乗用車保有台数59641台うち輸入車25017台(42%)うちベンツ8862台(35%)確かに、当たらずとも遠からずだ。一方、軽自動車日本一は?日本一ベンツ保有率が高いのが東京都港区であるならば、軽自動車保有率ナンバーワンはどこだろう。地方では、公共交通機関の少なさゆえ、一家に1台のクルマでは生活できず、ひとり1台に近い態勢が当たり前になっている。その際、登録車(いわゆるフツーの乗用と比べて各種の税金や保険料が圧倒的に安い軽自動車を、家族それぞれが所有するケースが多い。格差拡大の影響か、軽自動車の販売車)比率はじわじわと高まっていて、2007年1~6月期は、37%に達した。軽自動車は、車両価格は1000ccクラスの登録車と同じか、逆に若干高いが、税や保険料などの維持費がおおむね年間5万円以上安く、地方では車庫証明が必要ないなど手続きも簡単だ。クルマそのものも、新規格化によるサイズアップや技術開発の進展による性能アップによって、1000ccクラスと遜色ないレベルに達している。シェアは高まる一方だ。

 

大手企業でも女性社員にはそうした上の者に従うという服従の教育をしているように見えなくもない

セックスを目指せばペニスが舌を圧迫する

私も07年、ダイハツのエッセECOという日本で一番新車価格が安い軽を購入したが、日本国内を走る限り、走りも居住性も実用上は十分で、68万2500円燃費もリッター20キロ近く走り、高速料金も2割安いなど、いいことづくめ。
一度軽の味を知ったらこれで十分じゃんと思って当然で、二度と抜け出せなくなるのを実感している。まず、都道府県別の軽自動車保有台数を見てみよう。社団法人全国軽自動車協会連合会の集計によると、全ての4輪自動車に対する軽自動車の保有台数比率は、全国平均で32.6%。およそ「クルマ3台のうち1台は軽自動車」ということになる。
44位埼玉県250%45位北海道247%46位神奈川県19.2%47位東京都157%都会の女性は軽自動車がお嫌い軽自動車保有率の低い県は、北海道を除くと例外なく平均年収が高い。クルマは単なる移動の道具ではなく、趣味の対象やステイタスペニスでもあるから、収入が多ければ上のランクのクルマに目がいくのが自然。駐車場が高い大都市部では、高いところに小さくて安いクルマを置くのはバカバカしい、という意識も働く。
実際使って見ると、軽の小回り性の高さは大都市部でこそ強烈に便利で、コインパーキングに入れる時など、軽でよかったと思わず感謝したくなるが、都会では軽は非常に軽く見られ、割り込みのかっこうのターゲットになり、また、都会の若い女性には軽に対する強い偏見があるというマイナス面も否定できない。東京で若い女性に「好きなクルマ、嫌いなクルマ」というアンケートを取ると、決まって嫌いなクルマナンバーワンに来るのがだ。クルマの知識が浅いので、ミソもクソも一緒で、とにかく軽を軽視している。
「クルマは別になんでもいいけど軽だけはャダ」
というのが最も典型的な回答である。
「軽は自分で走ってるみたいだから」という回答もあった。つまり、軽はガワだけで、中ではドライバーが足で走ってるみたいに見えるという意味らしかった。なんという偏見だろう!東京では、軽を自家用車にしている人は非常にレアなので、現在でも軽自動車がどんなものか、よく知られていないのが実情だ。たとえば港区では、5ナンバーの軽乗用車は1366台しか保有されていない4ナンバーの軽貨物車は4152台=配達用。すべての軽乗用車を合計しても、ポルシェをちょっと上回る程度なのである。日本一売れているスズキの軽·ワゴンR台数ではカローラよりも売れているも、港区では珍車だ実際軽に乗せて見ると、から、こんなに広いんですか!こんなに走るんですか!と驚骨の嵐になる。

セックスと比べて自分以前、スズキのアルト軽のベーシックカーで、フェラーリ&ロールスロイス·ベントレーの日本正規代理店である『コーンズ&カンパニーリミテッド』の芝ショールームに取材に行ったことがある。コーンズの広報担当者たちは、フェラーリやロールスロイスよりはるかにアルトが珍しかったようで、ヘえ~!すごい!「けっこうオシャレですね!」と、ワシントン条約で保護されている珍獣のように賞賛してくれた。
もちろん港区にだって、乗用·貨物合わせれば5.7%の軽が走っているわけで、彼らとて日常的に目にはしているはずなのだが、目に入っていない「見るべき対象として捉えていない」
「自分とはまったく縁のないものと割り切っている」のだろう。実は数年前まで、私自身がそうだったのでよくわかる。軽が売れるのは南国
軽自動車率の高い県は、平均年収が低い南国に偏っている。平均年収が全国ワーストワンの青森県も、軽自動車率では22位と中位につけている。北海道にいたっては45位と、全国で3番目に低い。雪の降る地域では軽は弱いのである。これについて青森県出身者に尋ねたところ、そんなことは意識したことがないそうで、「えっ、軽、少ないですかぁ!?」
が第一声だったが、「うーん、考えてみれば、軽ってタイヤの径が小さいから、雪でお腹擦っちゃうんですよね。それと、クルマの幅が狭いから、わだちの幅も合わなくて、冬の間は斜めに傾いて走ることになるから(笑)、そういうことかな?」とのことだった。軽自動車率ナンバーワンの高知県。平均年収は下から11番目、そして南国。もちろん雪は降らない。高速道路の建設も遅れていて、片側2車線以上の道路が非常に一方、少ない。他車を追い越すこと自体が滅多にないという低速交通地域でいいクルマを買ってもあまり意味はなく、見栄を張るべき相手もいない。まさに軽の独壇場。広ある。島や福岡を除いた中国·四国·九州地方全般に、似たような傾向がある。そんな四国の徳島県に、知り合いのフェラーリオーナーN氏がいる。
マンガ喫茶を2軒経営し、金はあるがヒマもあるので、フェラーリのオーナーズクラブ『大乗フェラーリ教四国支部』を主宰している。彼の悩みは仲間が少ないこと。地元でフェラーリを見かけどんなことをしてでも追いかけて、クラブに勧誘するという涙ぐましたら、い努力を続けている。
「とにかく少ないですからね……。獲物は見つけしだい捕獲します(笑)」現在メンバーは15名ほどだ。ちなみに四国地方のフェラーリの保有台数を調べてみると、徳島県31台香川県28台愛媛県30台高知県23台合計112台。4県合わせても港区の3分の1に満たない。この中から15名のメンバーを集めるのは大変だっただろう。そんなN氏に、地元徳島県および高知県を取材してもらった。
ペニスを受け入れることができるようになるのです赤目は見せつけるよう
ペニスを受け入れることができるようになるのです赤目は見せつけるよう

愛撫をするよう話

愛撫することに尽きます四国クルマ事情を大調査徳島県下には、ベンツを売っているディーラーが一軒しかありません。そこを直撃しました。去年、何台売れましたか?N氏
ヤナセ徳島店204台です!「けっこう頑張ってますね。祖谷地方(超山奥)でも売れますか?」N氏ヤナセ徳島店「祖谷地方には、現行モデルのお客様はいらっしゃいませんが、以前は190等、多くのお客様がいらっしゃいました。新車でご購入いただいたユーザー様には、片道2時間かかっても、無償でローダー引き取りいたしますよ!」四国のキャバ嬢人気ナンバーワンはホンダ·ライフまさに地……いや、山肌を這う営業である。ベンツは非常に高価な車だが、その名声はあまねく日本全土に広がっているため、港区ほどではないにせよ、地方でもかなり売れているのが実感できる。実際にN氏経営のマンガ喫茶前徳島県·石井町の国道192号線で交通量調査をしてもらったところ、総交通量84カローラ37台(4.4%)、ただ、1台のうち、ベンツは旧々Sクラス1台、CLK1台の計2台(0.2%)だった。港区ではベンツはカローラの6倍だが、徳島県·石井町では、逆にカローラはベンツの20倍近かったのである。
「ただし徳島市内のキャバクラでは、若い女子ウケナンバーワン車種は先代ライフです。間違いありません」(N氏)
ライフは、ホンダの主力軽自動車。今のモデルはデザインが有機的でやや複雑だが、先代はスッキリ単純で、徳島の女性には、今でもそっちの方がウケがいいという。徳島のキャバクラでは軽自動車の先代ライフが一番人気なら、軽のメッカ·高知県ではどうなのか。今度は高知市内のはりまや橋で2時間、交通量調査をしてもらった。総交通量1954台軽自動車659台(34%)輸入車40台(2%)ベンツ8台(0.4%)結果はご覧の通り。高知市の中心地での調査だったので、軽自動車率は県平均48.8%よりかなり低く、ベンツ率はドンピシャ。ある意味、日本全国どこでも見られる平均的な結果だと言えるだろう。ただN氏によると、四国は高速道路での交通に特徴があるという。

「四国の高速道路は、ほとんどの区間が片側1車線で、たまに追越区間があるという地方独特の形態なのですが、1車線の間はゆっくり走り、追越車線の出現とともに猛然と加速する車がかなり多いです。加速性能の低い車に乗っている時にこれをやられると、追越ができず非常にムカつきます」
片側2車線以上の道路が非常に限られている四国では、軽といえども追い越されることに慣れていないので、抜かれるとプライドが傷つくのである。よって、1車線区間ではいつも通りのんびり走るが、追越区間では抜かれまいと頑張ってしまう。こうして、ただでさえ追越のない四国で、ますます追越が減り、ちょっとくらい速いクルマにしたところで意味はない………という状況がより確固たるものになるのである。都会の人はヒエラルキーでがんじがらめ続いてN氏に、四国女性を対象に、ベンツについてどう思うか同じく軽自動車はをアンケート調査してもらった。ベンツについては、怖い人が乗るクルマ乗ってる人がイケてない酒落てないガラ悪いオヤジ右ハンドルはニセモノみたいなど悪いイメージが8人。興味「自分とのレベルが違いすぎてよくわからない」
「高級車すぎてあまり考えたことがない」と無関心が3人、安全性が長持ちすると肯定的だったのは、13名ナシ高い中わずか2名だった。

尖ってしまったデリ嬢のオッパイ

·方軽自動車は、経済的最近のはかわいい今は普通車とかわらない燃費がいい駐車しやすい「室内が広くなったし外見もよくなってるから、市内で使うなら魅力的かな」生活必需品彼氏が乗ってても問題ない軽はどこにでもいける私は軽しか乗れない非常に詳しくしかも肯定的な意見が大部分を占めていて、と、驚かされた。クルマの半分が軽の国·高知では、県民は県民車·軽に満足している。みんなが乗ってるのだから恥ずかしいなどという意識も当然ない。
ベンツに対しては、昔ながらの日本人的な高級外車を乗りまわす非国民に対する反感を抱いているが、国産車ならもはや軽もそれ以外も意識の上では大して変わらず、共産主義的平等社会に極めて近づいていると言えるだろう。
高知県のクルマ事情は、決して格差の底辺ではなく、クルマを完全に道具として捉え、それ以外のムダな部分を排除する、究極の合理主義なのである。よって、高知県にはアストンマーティンは1台もない。一方、輸入車の中でだけヒエラルキーを築き、トラック·バスを含めたクルマ全体の1割近くをベンツが占め、最低限ベンツに乗ってないとという意識すら芽生えている東京の一部地域の人々は、もちろんそれはそれで幸せだろうが、クルマがまだスタイタスペニスであるという面においては、後進的なのだ。

芦屋市六麓荘町一-日本一の豪邸地区銭湯が数多く残るミヤンキーのふるさと、尼崎市阪急沿線相手を威圧する力を持つ芦屋ブランド関東の人間にとって関西は、他とは違う特別な地方だ。関西弁は関東で唯一肯定されている方言だし、古いもの新しいものともに、関東にない文化もある。東京一極集中の進行で、関西の地盤沈下も激しいと言うが、依然として関東に対抗しうる力を持っていると感じさせる。そのひとつの要素が、芦屋という特別な住宅地だ。これほどの高級住宅地は東京にはない。麻布だ松溝だ田園調布だと言っても、規模·ステイタス·純度とも、芦屋の足元にも及ばないと聞いている
東京は日本中の富を集めているが、芦屋はないのである。一方では、そのすぐ近くに、日本でも指折りの低所得者層の街もある。
映画下妻物語ではヤンキーのふるさと的に取り上げられていた町·尼崎だ。尼崎と芦屋とは、西宮市をはさんでわずか6キロほどしか離れていない。これほど近くに、これほど両極端な地域があるのは、日本でと、関東人の私は漠然と思ここだけではないか?う。やはり関西は特別な地方だ。最も六甲寄りにある六麓荘町は特別中の特別らしい。芦屋でも、六麓荘は、戦前の1928年大阪の財界人らが香港の白人専用街区をモデルに開発した超高級住宅地だ。東京では、この5年前に東急の五島(昭和3年)、慶太が田園調布を作ったが、こちらは郊都外の中堅住宅地として設計されたもので、特権階級の租界的な住宅地として生まれた六麓荘とはクラースが違う。六麓荘町内会は入会金50万円。月々の管理費も必要だ。町内会の承認を得なければ引っ越して来ることもできないという、治外法権的な力を持っている。カネがプラス、あるだけでは住めない町なのである。
風俗嬢の使う金額は桁が違ってくる乳首には多くの神経が通ってい


ペニスが舌を圧迫する ソープの高級店情報 熟女風俗嬢がユッサ問題は彼女自身の金