筋肉痛である

射精をこらえることができません
高テストステロンの男性は、自信に満ちていて存在感がある。強そうで個性的なファッションをしていて格好が。いつも主導権を握り、堂々として頼もしい。そういった活き活きとした情熱的で魅力のある男性が多いのだ。それに、女性たちの心の構造も、男性たちと同じように、基本的には先史時代から変わっていない危険な原始的生活で、自分と子供を守ることができるのは高テストステロンの男性なのだ。

ペニスが萎えていき挿入できないくら
だから、女性たちが自分を危険から守ってくれる狩人や戦士に恋をすることは当然なのである。多くの動物のオスのテストステロンは、メスを惹き付ける必要のある繁殖期に高まることがわかっている。これはあくまで想像で、科学的に確認されていることではないが、人間の男性のテストステロンも何か目に見えない性フェロモン(体から発してメスを惹き付ける物質)のような役目もしていて、女性たちは感覚的にそれを感じているのかもしれな。だが、現代社会で女性を惹き付けることにテストステロンを使用する場合は、十分に注意したほうがよいだろう。なぜなら、現代の女性たちは高テストステロンの男性が結婚に向かないことを知っているからだ。モテモテの次は英雄だ。

筋肉を正しく使えていないこと

あとは、どう筋肉が使われているか?だけです。筋肉の使い方こ歩くにしても、走るにしても、屈筋を固めてはいけません。「ヒールアンドトゥ」は、屈筋で受けるしかなくなります。角度的に、伸筋では受けられないからです。で、かかとで着地した場合、その反力伸筋を使うには、土踏まずより前の位置に上半身がなければなりません。

精力に限らず生きるためのエネルギ不足することは極力避けたいところであると言えますね曲げることを得意とする屈筋はつき上げてくるような力に対しては非力です。そのために、ヒラメ筋や大腿二頭筋だ。これでは脚が固まります。けでは受けられず、伸筋の大腿直筋の裏側までを使って、筋肉を固めて対処しているのです。突き上げるような力に対して、使うべき筋肉は伸筋です。足の中心から前で体重を受ければ、屈筋を使わずに、前脛骨筋や大腿直筋の伸筋で受けることができます。

ED疑惑を晴らす為だったり心させたいのでしょうね

深層心理における強迫観念を克服することは難しい。ストレスをエネルギーに変えることも容易なことではない。しかし、あなたの心一つで、ガラリと世界は変わるのだ。「私は、EDになってラッキーだ!」そう口に出して言ってみてほしい。「1度くらいEDになってみるのも、楽しいかもしれない」そう考えてみてほしい。あなたの心を塗り替える経験。

勃起が起きるわけです勃起しにくくなるわけです

それが、このEDというチャンスが生む「価値」になるだろう。なるほど、普通セックス時以外に性器を見せ合うカップルや夫婦は少ない。女性にとって、ペニスと言えば勃起した姿。ふにゃふにゃ状態のペニスを見る機会はほとんど無いと言うことだ。でも、EDで悩んでいるパートナーの姿を見て笑うわけにはいかない。

      筋肉を使うこともあります
      セックスしている限りはこの仮説は成り立ちません
      セックスのことについてあまり触れていません